スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

for文 / 実行回数がわかる時

 2006-06-20
スクリプト先生 for文とは、回数を指定して実行する繰り返しじゃ。

文法

for ( 初期状態 ; 終了の条件 ; 変化する量 )
{ 実行命令; }

説明

初期状態とは、最初の変数の値を記述するところです。
終了の条件とは、繰り返しをストップさせる条件を記述します。
変化する量とは、繰り返しの処理が1回終了したごとに、どれくらい値が変化するかを記述します。

サンプル

それでは、1~10までの数字を順番に表示する文を作ってみましょう。

for (a=1 ; a<11 ; a++) {
	document.write(a);
}

「a=1」とは、aの値は1からループを始めるという命令です。
「a<11」とは、aが11未満になったらループを終了するという命令です。
「a++」とは、aがループするごとに、値を1ずつ増えていくという命令です。
スポンサーサイト
スポンサード リンク
カテゴリ :「繰り返し」 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。