スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

if ~ else if文

 2006-06-28
スクリプト先生 前回のif ~else文ではある条件を設定して、満たしていれば××を、そうでなければ△△を実行する、という命令だったが、今回のif ~ else if文は少し違い、条件を複数設定できる。

例えば、サッカーでブラジルに……

勝ったら …サンバ祭りをする
引き分け …日本を称える
負けたら …戦犯探しをする

「もし――ならば××する、それ以外の場合に――ならば△△する、それ以外の場合…」このように、何回でも条件を指定できるのが特徴です。

それでは、試しに「変数Numberが10より大きい場合は"Number>10"、
8と等しい場合は"Number==8"と表示する」
if ~ else if文を作ってみよう。

// 変数Numberを宣言し、3 + 5を代入する
var Number = 3 + 5 ;

// if ~ else if文を使う
if (Number > 10) {
	document.write("Number>10") ;
} else if {
	document.write("Number==8") ;
}

説明
・変数Numberの値に「3 + 5」を代入しました。これで、変数Numberには「8」が代入されたことになります。
スポンサーサイト
スポンサード リンク
カテゴリ :「条件分岐」 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。