スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

switch文

 2006-06-29
スクリプト先生 「もし――ならば××する、それ以外の場合に――ならば△△する、それ以外の場合…」

前回のif ~ else if文と同じで、複数の条件を指定できるのがswitch文の特徴じゃ。複数の条件の回数が10回、100回と膨大な数になってきた時に、switch文を用いるのが一般的じゃ。

それでは、変数Numberの値が1なら"あ"、2なら"い"…全てに当てはまらない場合は"×"と表示するswitch文を作ってみよう。

サンプル

switch (Number) {
	case 1: document.write("あ"); break;
	case 2: document.write("い"); break;
	case 3: document.write("う"); break;
	case 4: document.write("え"); break;
	case 5: document.write("お"); break;
	default: document.write("×"); break;
}

説明

switch (――)には変数や式を入れます。

caseは、caseに指定してある式や変数が、switchに入力した値と同じであった場合に、caseに書かれている命令が実行されます。

breakはswitch文を抜けるという意味です。breakを忘れると「あいうえお×」のように、case内の処理が全て実行されてしまうので注意しましょう。

defaultはcaseの条件に当てはまらなかった場合に実行される命令です。
スポンサーサイト
スポンサード リンク
カテゴリ :「条件分岐」 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。